現代の新卒採用情報について考える。

就職活動という物は、いつの時代も学生にとって大切な活動なのではないでしょうか。私自身は社会人になって10年ほど経ちますが、私が就職した時も就職難だと騒がれておりました。しかし今現在も就職氷河期と言われる程就職難な訳ですが、私が思うに、ただ単に就職先が少なくて就職難と言われている訳ではないような気がします。就職先を探す側にも問題があるのではないでしょうか。現代の新卒採用情報も沢山あると感じているのは私だけなのでしょうか。私なりの観点から書いてみたいと思います。就職難を理由にフリーターになってしまう人や、定職に就かない人が増えております。フリーターと言う言葉が一般的になってきたので、昔に比べて定職に就いていないと言う事が後ろめたい事ではなくなっているような気がします。

多分、私達の親世代からすると、信じられないような事態なのではないでしょうか。しかし、現代の若者の中には、就職出来なくても何とかなると言う気持ちがあるので、就職活動に臨む姿勢からもう昔とは違うのだと思います。新卒者と言うのは、仕事を始めてからしばらくは使い物になりません。学生から社会人になりたてで、仕事も一から覚えていかなければならないので企業としては戦力にはなりませんので、企業側からすると先行投資言ったところでしょうか。この教育期間にも給料やあらゆる面でのコストか掛かるので、企業側としても人材選びに慎重になるのは当たり前です。採用される側の態度や能力の見極めには慎重になりますから、就職活動と言うのも大変になる訳なのです。つまり人手が沢山欲しいのではなく、きちんと戦力になる使える人材が欲しいので採用に際して選ぶ基準が高くなっているので、採用枠が少なくなっている訳ではなく、採用に値する人材がなかなかいないので、就職難などと言われるようになったのだと思います。

そして現代ではインターネットの普及により、就職情報サイトなども多数あります。簡単にネットで応募が出来たりしますので、就職活動者にはメリットがあるように思えますが、これは逆に採用側からすれば、応募者が多数になるので、その選考が大変になります。選考回数も多くなり、応募者も落ち着かない日々が続いたりして、悪循環になる事もありますので、ネットの普及が必ずしもメリットだけと言うわけではないようです。いずれにしても、現代の企業では、能力が高く質のいい人材を求めているようです。その様な点を就職活動時には覚えておいた方がいいかと思います。